アウトバストリートメント、種類が多すぎて何を使うべきかわからないと、悩む人もいるのではないしょうか。
この手のトリートメントで特に多いのは、ヘアクリームやエメリルヘアオイルです。

どちらも髪をしっとりさせるとか、まとまりがよくなるなどの効果があります。クリームはやや固めでべたつくのが苦手という人は、オイルを選ぶようにするといいでしょう。

しかし一口にオイルと言っても千差万別です。

またオイルの成分や髪質によっても、選ぶべきアイテムは違って来ます。成分は大きく分けて、植物性と鉱物性の2種類があります。どのように違うのかと言うと、植物性は髪の内部に働きかけて、ダメージを修復してくれるオイル、鉱物性は髪の表面を保護してツヤを与えるオイルです。

植物性の代表格はオリーブオイルやアルガンオイル、ホホバオイルなどです。ただ髪につけるだけではなく、全体にオイルをつけて蒸しタオルをかぶるとヘアパック代わりになります。

頭皮につけても大丈夫です。一方鉱物系のオイルは、頭皮にはよくありませんので、この違いも頭に入れておいてください。もちろん髪質によってもオイルの種類は異なります。

髪が細いとか柔らかいという人は、しっとりタイプのオイルを使うと髪が重くなり、ボリュームが出なくなってしまいます。さらさら系の軽いオイルを使うようにしましょう。

一方髪が多い人やふくらみやすい人、湿気で広がるという人の場合は、重めのしっとり系を使うことをお勧めします。

髪を落ち着かせてくれて、まとまりがよくなります。そしてオイルのつけ方ですが、一度にべったりつけるのではなく、少量ずつを毛先中心につけ、最後に残った分を表面にざっとつけるようにします。

エメリルヘアオイルはまず手のひらに取り、指の間まで行きわたらせてから、毛先にもみ込むようにするときれいにつきます。エメリルヘアオイルをつけるタイミングですが、主にシャンプー後のブローする前が効果的です。

自分にはどの商品がわからないという時は、美容院で教えてもらうのもいいでしょう。美容師さんはあなたの髪のことをよく知っていますから、髪質にぴったり合った物を勧めてくれます、エメリルヘアオイルというと、今一つよくわからないとか、昔っぽいイメージがあるという理由で敬遠する人もいるかもしれません。

しかし髪質に合った物を選び、使い方を間違えないようにすれば、髪をつやつやにして、ダメージから守ってくれる効果があるのです。美髪を目指したい人は、お手入れにエメリルヘアオイルを加えてみては如何でしょうか。

エメリルヘアオイルを使った口コミ

私が初めてエメリルヘアオイルを使ったのは子供の頃だと思います。
今から思えば、子供の紙にはエメリルヘアオイルは必要無いように思いますが、当時家に椿油があり、親から勧められて使ったのを覚えています。

しかし、使い方が上手くいかずに、髪の毛に椿油を最初に付けた場所だけがベタベタしてしまいました。
特に中学生の時、そのベタベタした状態のまま投稿したら、クラスの男子にそれを指摘されたのを今でも覚えています。

そのことが嫌で、それからしばらくエメリルヘアオイルを付けませんでした。
しかし社会人になって、自分のヘアスタイルにかなり気を遣うようになってから再びエメリルヘアオイルを使うようになりました。

エメリルヘアオイルはいろいろあり、べたつきが気になるものからさらっとしたもの、またニオイも選ぶポイントになっています。
エメリルヘアオイル髪の毛を保護して、髪の潤いを高める効果が期待できると思います。

ですが、使い方を間違えると、私が子供の頃のような状態になってしまいます。
スプレータイプならば、まんべんなく髪にまんべんなく付けやすくなります。

しかし、ボトルタイプの場合はいったん、手のひらで良く伸ばしてから髪にまんべんなく付けていくようにすることで、潤いのあるしっとりとした髪にしていけると思いました。

私はニオイに敏感なほうなので、なるべくニオイが気にならないエメリルヘアオイルの方が使いやすくて気に入っています。

髪が長い時はトリートメントも同時に使って、なるべくサラツヤ髪を維持できるようにしてきました。
エメリルヘアオイルの成分はやはり植物性の物が気に入っています。

椿油も子供の頃はニオイが気になっていましたが、大人になってから使ったものは、それが気にならなくて非常に使いやすいものでした。

それ以外ではオリーブオイルをエメリルヘアオイルとして使ったこともありました。
オリーブオイルは食用として使っていたものですが、髪の毛の他にもボディオイルとしても使うことが出来、とても便利なアイテムだと思います。

エメリルヘアオイルは髪の毛が短い時に、まとまりを良くする効果もあり、さらに髪の毛をしっとりさせてくれるのが良いところです。
使い過ぎに気を付け、適量を使うようにすることで、べたつきが気にならなくなると思います。

また、就寝前にエメリルヘアオイルを付けてしまうと、枕にエメリルヘアオイルが付いてしまいます。
タオルなどを枕に敷くか、朝など寝る時間をさけてエメリルヘアオイルを使うようにした方が良いのかもしれません。

これからも必要に応じて、エメリルヘアオイルを使っていきたいと思っています。

エメリルヘアオイルの使い方

職場の飲み会で撮った写真を眺めていたら「えっこれ私?」とびっくり。

何に驚いたかと言えば自分だけ髪がパサパサでボワンと広がった感じ。いくら仕事帰りと言ったって「これはあり得ないでしょ」すごく老けた印象に見えました。

「もう若くないのは分かっているけど、何とかしないと」と思い立ったのはその時です。美容院に行った時相談してみると「エメリルヘアオイルは効果ありますよ」とすすめられました。

髪の毛をツヤツヤ、サラサラきれいに見せるという即座の効果はもちろん、続けて使う事で段々髪の質が変わって来るというのです。乾燥しやすい髪質が内側からしっとりとして来て、年齢を重ねるうちに受けた髪のダメージをストップさせてくれる効果もあるというのです。毎日エメリルヘアオイルでしっかりケアしていれば10代の髪に戻る事だって出来ると背中を押してもらいました。

スタイリングが苦手な人にもおすすめの効果もあります。髪が無駄に広がってしまい上手くまとまらないとか、サイドのうねりを抑えられないとかいう場合もエメリルヘアオイルを使えばワックスのように強力な感じではなくナチュラルに優しく髪をかたち作れる効果があるというから、これにもあやかりたいと思いました。早速美容院で教えてもらった植物性のツバキ油のものを買いました。

使い方のアドバイスも色々聞きました。一番いいのはお風呂から出た直後の髪が濡れている時に少しタオルドライして、両手にエメリルヘアオイルの適量をつけて出来るだけ髪の内側に馴染ませていくというやり方です。ショートボブなので私はそんなに時間はかかりませんでした。

後は、朝の使い方ですがやり方は風呂上りの時と同じです。軽くブラッシングしてから同じ様にエメリルヘアオイルを髪になじませます。その後ドライヤーをかければ、熱から髪を守りながら美容院でやってもらうようなスタイリングが簡単に出来てしまうのでびっくりでした。

その他の使い方で時間に余裕があるなら、パックとして使えばより髪のヘアケア効果が上がって来ます。これは自分で調べてやり始めたのですが、お風呂で髪を洗う前の乾いた髪に馴染ませてから濡れたタオルを頭に巻いて10分おいて流すだけです。これをやればもう完璧です。使い始めて一か月たちますが驚くほど髪が若返りました。何となく髪だけじゃなく内面的にも色々な意味で自信が蘇ってきた感じがしています。

今後エメリルヘアオイルはずっと使い続けていくつもりです。長く通っている美容院で私の髪のことをよく分かってくれている担当の人がすすめてくれたエメリルヘアオイルだったのでピッタリだったのも良かったです。

そんな美容師さんがいれば相談するのもいいですし、いないなら、まずは使ってみて自分の髪に合うベストなものを見つけるところからスタートしてみてはどうでしょう。

エメリルヘアオイル口コミ効果